地表踏査 防災点検 地盤診断 空中写真判読 地形地質解析







 
HOME 会社概要 営業種目 主要業務経歴 お問い合わせ
 

  地形地質解析

 空中写真判読、地表踏査、その他ボーリング調査結果などをもとに地形、地質の総合解析を行います。
 解析結果は、地形区分図、水系図、地質平面図、地質断面図、地質構造図、面構造のステレオ投影解析図などにまとめられます。
 右図は花崗岩中に発達する節理のステレオ投影解析結果(下半球に投影)です。走向N35E,傾斜75度SEに集中が認められます。
ステレオ投影解析結果
 下図は、大阪府八尾市東部の水系図です。主水系は西〜西北西に流下し、ほぼ直線状の谷を形成しています。上流部は複雑に枝分かれし、山頂近くまで連続していることがわかります。
 渓床勾配は下流域では13〜15度程度、中流域で15〜25度、上流域では25〜35度程度です。比較的急勾配で、渓流延長が短いため、土石流が発生した場合は、短時間で山麓に達するものと予想されます。

八尾市東部の水系図

 下図は、路線調査の地質縦断図です。縮尺がヨコ:タテ=1:5となっていますので見にくいかと思いますが、実際はもっと緩やかな斜面です。
 地表踏査結果とボーリング結果を併せて解析したものです。左側は花崗岩、右側は新第三紀の礫岩層で、表層部は段丘堆積層で覆われています。花崗岩と礫岩は逆断層で接しています。
路線調査の地質縦断図
 下図は、造成計画地の地質断面図です。縮尺がヨコ:タテ=1:5となっています。実際はもっと緩やかな斜面です。
 地表踏査結果とボーリング結果を併せて解析したものです。左側は花崗岩が基盤を成し、これを不整合に覆って古琵琶湖層群の締まった砂層が分布します。低地部には盛土や沖積層が分布しています。
造成計画地の地質断面図

当サイトの無断複製、当サイトに掲載されている文章、画像の無断使用、転載、複製を禁止します。
HOME   地形・地質特集   地盤診断   地表踏査   空中写真判読   地形地質解析   防災点検   活断層調査   土質調査   お問い合わせ
Copyright © 2008-2019 地表踏査、防災点検、地盤診断のOk−Geo All rights reserved.